FC2ブログ
■2016年09月

■メモ帳③

---アオキ博士の受難---

onaho_0001.jpg
onaho_0002.jpg


首の筋肉だけで動かない体を動かし
胴体がやっと装置から出たその時
研究所に大きなカミナリが落ちた。

その振動でビー玉が転がりだし本に当たり
ドミノよろしく本が倒れボーリングの球に直撃
勢いよく転がりだすボーリングの球
行き着く先は装置の蓋

今度は装置に顔を挟まれるアオキ博士
蓋が閉まると自動で電源が入るオートパワー

2時間後研究所の部下たちが出勤し
早速巨大なオナホを見て騒ぎ出す。

見た目は完全にオナホのアオキ博士
思考、感覚はあるものの
喋ることも動くことも出来ない。

部下の一人が喋る

「これ・・アオキ博士に似てません?

「・・・」

「ハハッ・・悪趣味だな・・」

「誰か使用してみろよ」

「・・・」

「・・・」

「とりあえず使う前に洗うか?」 ←今ここ

onaho_0003.jpg


---人牛乳---

gyu_0001.jpg
gyu_0002.jpg
gyu_0003.jpg
gyu_0004.jpg
gyu_0005.jpg
gyu_0006.jpg
gyu_0007.jpg
gyu_0008.jpg
gyu_0009.jpg
gyu_0010.jpg



---ほるもんGo---

HormoneGo_0001.jpg
HormoneGo_0002.jpg
続きを読む >>

DMM































































































アクセスカウンター